マニフレックス 腰痛

なぜマニフレックスが人気なのか

日本人の国民病とも言える肩こりや腰痛。

 

 

その理由は人によって様々ですが、意外と多いのが寝具との相性の悪さです。

 

 

人は人生の3分の1を寝具の上で過ごすと言われるように、寝具の機能が健康に及ぼす影響は非常に大きなものです。

 

 

寝具に気を使わず、とりあえず安いベッドやマットを選んでいるという人も多いと思いますが、そのような安物を使っていると、今は問題なくても5年後、10年後に肩こりや腰痛を引き起こしてしまうかもしれません。

 

 

肩こりや腰痛の予防に定評のある寝具にマニフレックスがあります。

 

 

マニフレックス・マットレスはマットレスに一般的に使われているスプリングを使用していないのが特徴です。

 

 

スプリングを使用したマットレスだと、どうしても体の重い部分とスプリングが触れてしまうので、その部分の血流が滞って肩こりや腰痛の原因になってしまいます。

 

 

一方、スプリングレスだと体圧をマットレス全体で支えるので、一部分に重さがかかることがなく、血流を阻害することがありません。

 

 

また、マニフレックス・マットレスは高反発マットレスとなっています。

 

 

マットレスには高反発素材のものと低反発素材のものがありますが、低反発マットレスは日本のように四季がはっきりとしていて温度や湿度の差が大きい気候ではマットレスの硬さが一定せず、身体が沈み込みすぎてしまったり、逆に身体が浮いたような感覚になってしまいます。

 

 

その点、高反発マットレスは温度や湿度による硬度変化が少ないので、日本向きの寝具だと言えます。

 

 

こういったことが人気の要因となっているのです。